安いけどリラックス効果抜群の間接照明

お家の照明はどんなものを使われてますか。

天井にUFOのようについている白色のライトが多いとおもいます。我が家も曇っている日中は天井のライトを使っていますが、夜は間接照明です。

                                                                今の住まいに引越しをする時、照明をどうしようかと探していたらネットで紹介されていて図書館で借りてきました。頭がよくなる照明術 

間接照明はオシャレの演出に使うもので我が家の生活には暗くて実用的でないとおもっていましたが、本の内容がとても分りやすく納得がいって我が家は間接照明で過ごしています。

ダイニングテーブルに座って見る和室

人間は昔から朝日を浴びて起きて、昼は光を浴びながら活動的に働いて、日が沈むと疲れ身体を癒しに家に帰ってリラックスすると書かれています。

間接照明にしてから部屋の雰囲気もいいですが、それよりとてもリラックスできるようになりました。

コーナーや壁にくっつけて配置すると壁をつたって光の広がりを感じられます。

特に寝室はベットより下にワットの低い照明をおくと夕日が沈んだ雰囲気で光が優しく寝つきがスムーズです。

海外生活のある知人は「天井から青白い光を夜に浴びている日本が信じられない」といってましたが言われてみると確かに間接照明を取り入れている家庭は私の周りも少ないかな。

夏場は出番が少なかったですが、ダイニングテーブルでキャンドルの灯の揺れをみて癒されます。

器もキャンドルもダイソーの100均ですが癒し効果抜群、お風呂に持って入ることもあります。

帰宅後宿題や仕事をする方も、寝る2時間前くらいに間接照明にされると眠りの入口の違いを感じられるとおもいます。

お疲れの方もそうでない方にもお勧めです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。